窓の断熱で180度変わる!?シートやガラスで工夫して断熱しよう

高級なマンション

屋内の空調効率を高めるための方法としては断熱材を壁面に設置するのが代表的な対策ですが、いま一度見直してほしいのが窓に工夫を加えることです。屋内と屋外の熱がこもったり放出されたりする熱量の多くは、硝子窓などを通じてやり取りされているからです。

とくに冬場はせっかく暖房した空気が外部に放出されてしまったり、結露などが発生する現象に遭遇することになります。このような冬場の断熱性能を高め、結露を予防するのに効果を期待できるのが、ガラスシートやペアガラスなどを活用する方法です。なかには少しの工夫でサッシにはることができるタイプも用意されており、リーズナブルな価格で対策を実践することができるのです。そこでガラスシートやペアガラスなど、窓硝子の断熱性能を高める方法について検討していきましょう。

ガラスシートとは、熱を遮断したり屋内の湿度を調整する機能を備えることで、屋内の空調環境を改善したり結露防止などの機能を発揮するシートになります。大きく分けると硝子シートのなかには季節用のタイプとオールシーズンのものに分けることが出来ます。

またこのシートには厚みに違いがあり、なかにはプチプチタイプのシートも販売されています。輸送用緩衝材にも活用されていますが、プチプチの内部には温められた空気が存在するので、熱の層を形作り冬場の暖気が逃げるのを防いでくれます。サッシなどの硝子表面に霧吹きで水を吹いて圧着させるタイプから、糊つきシートで貼り付けるものまで色々なタイプがあります。

もう一つ窓を活用して断熱対策には、ペアガラスを活用する方法があります。ペアガラスとは文字通り二枚のガラスで窓を覆い、内部に空気層を形成します。ペアガラスが断熱性能は熱貫流率が指標です。窓や壁面など外部と内部で気温が異なるときに、温かい側から寒い外気に方に、熱は移動する性質をもっています。熱貫流率とはこの度合いを示す指標で、低いほど断熱性能が優れていると判断されているのです。

熱貫流率の低さで最近注目を集めているのが、ペアガラスの発展型のLow-Eになります。ペアガラスは二枚の硝子で温かい空気層を形成するので、暖房効率がよくなり気温差が小さくなることで、結露防止などに高い効果を発揮します。Low-Eはペアガラスをさらに改善し、熱貫流率でも非常に優れた数値を示すわけです。赤外線は反射してしまうほどなので、断熱性能はさらに優れているのです。

サイト内検索
人気記事一覧
1
高級なマンション

窓の断熱で180度変わる!?シートやガラスで工夫して断熱しよう

2019年06月07日

(230 Views)