高級なマンション
きれいなマンション
高級なマンション
公開履歴
部屋について説明している男性

一戸建ての分譲住宅と購入するばあいに、大きく分けて二つの選択肢に直面することになります。
それが分譲住宅を購入するのか、注文住宅を発注するのかというものです。夢の一戸建てマイホームを購入するなら、分譲住宅をえらぶべきなのか、注文住宅を選ぶべきなのか、両者にはどのような違いがあるのか。両者の間には、設計やデザイン・間取りの自由度や値段・入居できるまでの期間などに違いが見られます。分譲住宅と注文住宅の特徴やメリット・デメリットを確認したうえで、どちらを選択に臨むのが大切です。

まず分譲住宅は、住宅の完成後に既存の戸建て住宅を購入する場合と、建てる途中で販売が開始する場合のスタイルがありますが、両者共にデザインや間取りなどはあらかじめ決まっていることが一般的です。分譲住宅は大規模な土地をハウスメーカーなどが取得して、100棟を超える住宅を建てるときから数棟程度の一戸建て住宅を販売することもあります。企画されたデザインで構成されていることが多く、資材をまとめて購入したり後逸的に作業を進めることが出来るので、割安な値段になるのがメリットです。

これに対して注文住宅は、設計事務所や工務店に設計や間取り・デザインなどの設計を依頼して家作りを行うというスタイルです。建築基準法をはじめとした法律の制限はあるものの、間取りやデザイン、水回り・内装やクロスなども自由に設計することができます。

分譲住宅では、入居までの期間が短いのが特徴で、既存の完成済みの一戸建て住宅であれば一ヶ月程度の期間で入居可能です。これに引き換え注文住宅では、土地探しからはじめる場合は設計・施工まで全期間を合わせると、引渡しを受けて入居するまでの期間は、1年を超えることがめずらしくありません。しかし、入居までの期間が長期化するのは確かですが、注文住宅ではオーダーメイドの強みがあります。

オーダーメイドとは、施主の移行どおりに間取りやデザインを自由に設計された住宅のことです。オーダーメイドの一戸建て住宅を購入するのに向いているのは、外観や内装や水回りなどにこだわりがあり、自分なりのライフスタイルを重視する方です。また依頼したい設計事務所やハウスメーカーなどがある方もオーダーメイドの注文住宅の購入が向いています。

これとは反対に、とにかく早く入居先を割安な価格で戸建て住宅を探すなら、分譲住宅がオススメです。どちらを選択するかまよったら、ライフスタイルや重視するべき点を意識することがポイントです。